依存症から脱したい女性とそのご家族の方へ 女性のための依存症回復支援施設 フラワーガーデン

facebook:女性治療共同体設立委員会

twitter:Flower Garden

BLOG:Flower Garden

about/フラワーガーデンについて

日本初の治療共同体メソッドに基づいた女性専用依存症回復支援施設フラワーガーデン あなたらしい笑顔が、花開きますように。

アルコールや薬物、ギャンブルなど、今、依存症は社会問題として取り上げられるようになりました。依存症に苦しむ女性も増加しています。このような社会背景を受け、2014年6月奈良県橿原市に、日本で初めて治療共同体メソッドに基づいた、女性専用依存症回復支援施設『フラワーガーデン』を設立いたしました。ワンネスグループは依存症回復のエキスパート集団です。依存症から必ず回復できると確信し、スタッフや仲間が全力でサポートしています。

回復治療について

フラワーガーデンは依存症に悩む女性とそのご家族を全力でサポートするリハビリ施設です。

2014年6月に開設された『FLOWER GARDEN(フラワーガーデン)』は、
依存症回復のエキスパートONENESS GROUPが運営しています。

『FLOWER GARDEN』は女性スタッフを中心にした、安心できる環境です。
病気の自分をかわいそうと思うのではなく、回復の過程で女性らしさ、人間らしさを引き出して、
もう一度自分を好きになれるようサポートする、愛があふれる場所です。
治療につながりにくい女性にも、回復の場があることを知ってください。

私たちは、依存症治療の先進国である欧米で、治療共同体メソッドという方法を学んでいます。
入所から退所まで段階的にリハビリを行い、
それぞれの進捗にあったプランを検討して、プログラムを提供します。
依存症からの回復のなかで、それぞれの方ができることを伸ばしていける共同体を目指しています。

『FLOWER GARDEN』では、クライアントは共同生活を送ります。
基本的な生活を送るホームから、毎日、『FLOWER GARDEN』へ通って、学びの時間を過ごします。
食事や掃除は当番制。依存症からの回復を目指す人たちと生活をするなかで、
仲間への信頼感や自分への自信を取り戻せるようサポートします。

『FLOWER GARDEN』を運営するのは、依存症回復のエキスパートであるONENESS GROUPです。
私たちは共同体の運営だけでなく、依存症の方を治療へとつなげる「インタベンション」、
回復後の社会復帰のサポート、家族の支援、依存症に関する講演やセミナーなど、
トータルに活動しています。

facebook/新着情報

event/イベント情報

世界最先端の見地がナビゲート、依存症を深く知るための機会 アメリカよりアミティ財団カウンセラーが来日! 世界的に有名な依存症回復の理想郷依存症治療共同体アミティ(アリゾナ州)のノウハウから学ぶ最新の依存症研究と回復の現場 ララニー・ペットウェイ氏来日セミナー&フォーラム開催 【セミナー/奈良】依存症を知るセミナー特別編 全3回 1月17日(日)・23日(土)・30日(日) 【フォーラム/大阪】女性の依存症回復における「治療共同体」の役割 2月3日(水)

インタベンションについて

photo

早期回復のために直接本人とお話しする、「インタベンション=介入」とは。

「インタベンション(Intervention)」には、間に入ること、介入すること、調停、仲裁、干渉という意味があります。依存症先進国であるアメリカでは、「インタベンション」が一般的におこなわれ、介入をおこなう「インタベンショニスト」の多くも「依存症」からの回復が行っています。

現在では世界各国にも取り入れられ、「依存症者」に回復への道を促すもっとも効果的な方法として広まりつつあります。その最大の利点は、早期発見、早期回復です。

「依存症」からの回復には、よく「底つき体験が必要」といわれます。「底つき体験」とは、「依存症」の苦しみが限界に達し、本人自らが「依存対象をやめる以外道はない」と思える体験をすることで、治療のスタートラインに立つためのターニングポイントといわれています。

スタッフメッセージ

ワンネスには回復への答えがあります。

大切な家族を依存症と認めることは、辛く感じる方もいると思います。その心的痛みや喪失感などに直面することであり、それらを認めることは、暗く絶望的に思えるからでしょう。その暗闇から家族を救い出し、希望と約束という回復の中に導けるのが、ワンネスグループが展開している最新の依存症回復プログラムです。現在の日本では、専門家でも効果に賛否が分かれる伝統的なグループワークのみです。ONENESS GROUPのプログラムは、依存症先進国であるアメリカと同じ治療共同体メソッドを中心とし、専門のトレーニングを受けた認定カウンセラーが在籍しています。現在の苦しい状況から救い出され、解決へと導かれることが癒しの始まりです。恥、恐れ、押し殺した感情の日々から、勇気を持って一歩を踏み出すことで、平和で自分自身を愛することができる「回復への日々」が始まるのです。あなた自身に、また大切なご家族に、1日でも早い助けが訪れるようお待ちしています。

依存症回復のエキスパート ONENESS GROUP代表 矢澤祐史

依存症は性別にかかわらず、誰もがなる病気。女性のための施設で、安心して回復を目指しましょう。

2014年6月、奈良県橿原市に女性治療共同体施設「FLOWER GARDEN」が開設致しました。依存症はWHO(世界保健機構)が認定している心と体の疾患であり、性別、社会的地位、年齢、信条、人種に関係なく襲いかかります。しかし、依存症は主に男性が患う疾患であるという思い込みの中で、たくさんの女性依存症者が必要な治療を受けられずに苦しんでいます。女性にも回復を選ぶ事が出来るという事。回復の場があるという事を。

「女性は可哀想だから・・・」という方向ではなく、女性らしさ・人間らしさを出していけるように。安全で安心な環境のなか、楽しく依存症からの回復を目指し、皆がそれぞれ出来る事を伸ばしていけるような、共同体を皆で作り上げていきたいと思います。そして、愛があふれる温かい場所であって欲しいと思います。

入所から退所まで段階制を設け、クライアントの進捗度に合ったプランを検討し、プログラム提供をしていきたいと思います。そして、健康的な生活を送る事が出来るようサポートしていきたいと思います。1人の人間として尊厳を持ち、どんな自分でも自信を持って「自分が好き」と言えるように、そして、女性でも自立して生きていけるよう共に回復し続けていきたいと思います。

フラワーガーデン代表 オーバーヘイム容子

どうか勇気を持って、一歩を踏み出してください。

問題行動がやめられなくてどうしようもなくなった時、つらい時、依存症かもしれないと思う時、がんばって一歩を踏み出してほしいと思います。真っ暗な部屋のすみっこにいるあなた、自分を見捨てないで進んでほしい、ただただその思いです。

あなたが思うほど、世の中は冷たくない、温かい場所があるのです。あなたを助けようとしているスタッフや仲間がここにはいます。安心してフラワーガーデンの扉をノックしてほしい。そのノックの音が小さくても、私たちはあなたのその小さなノックを待っています。相談しても解決しないと思ったり、相談するのは恥ずかしいと感じたりするかもしれません。でも勇気をもって相談することで、第一歩を踏み出すことができます。

あなたの人生を幸せな人生にしましょう。人並みな幸せでもいいのです。小さな幸せでもいいのです。穏やかな笑顔で満ち溢れた幸せな日々を送るために、私たちの扉をノックしてください。

こんにちは、私はフラワーガーデンでスタッフをさせていただいている井上麻希です。

私はこのフラワーガーデンで一人でも多くの女性の仲間が苦しみから助かって欲しいと思います。

私も以前はここの施設に入寮していました、私は「決して一人じゃない仲間がいるんだよ」と言う事を教えてもらい全然笑う事すらできなかった私が笑顔を取り戻す事ができました。

まだまだ未熟ものですが仲間と共に成長していきたいです。

「依存症からの回復」とは、単に依存物質を止めるだけではありません。

等身大の自分を許し受け入れ、そしてそんな自分を好きになることだと、私は思っています。

私も含めて、みんな育った環境も状況も違う中で、「それぞれの回復」に向けて、クライアント一人一人に合った細やかなサポートが可能な施設になれる様、私も勉強していきたいと思います。

金子みすずさんの有名な言葉からですが、「みんなちがってみんないい」。お互いの個性を尊重しあえる空間を、仲間と共に作っていけたらと思っています。

ご支援のお願い

この専門の治療センターを築き上げるために、どうか我々に力をかしてください。 依存症関連支援基金

このたび、大阪と東京に新しく治療プログラムを提供できる場所を創る決意をしました。未だ依存症に苦しむ方の助けとなるべく、依存症治療の為の施設の設立を目指しています。これを成し遂げるためには、多くの皆様のご協力が必要です。我々の力のみでできるものではありません。今ここに、依存症の苦しみを知っている、または同じ思いを持つすべての方々にお願い申し上げます。

「この専門の治療センターを築き上げるために、どうか我々に力をかしてください。」行き場が無く苦しんでいる依存症者に希望と回復を届ける仕事の一翼を担っていただけないでしょうか?

皆様方と、私たちと一丸となって夢を叶えて頂けますよう願いを込め、「Oneness Group 依存症関連支援基金」を立ち上げました。ご協力頂ける方はお手数ですが下記申込書に必要事項をご記入の上、お振込みいただけるようお願い申し上げます。

(ご協力いただいた方にはお礼状及びニュースレター紙面にてご報告させていただきます。
 匿名をご希望の方はご記入いただかなくても結構です。)

支援金 振り込み口座 ■ りそな銀行/橿原支店(店番557)普通 1645353 Oneness Group 依存症関連問題支援基金、■ ゆうちょ銀行/四五八支店(店番458)普通 0387468 Oneness Group 依存症関連問題支援基金
薬物、ギャンブル、アルコール依存症回復のエキスパート ONENESS GROUP ワンネスグループ
  • 一般社団法人 GARDEN 奈良・大阪・沖縄・セブ島 薬物・アルコール・ギャンブルなどの依存症治療施設
  • ファミリーインタベンションセンター 奈良・沖縄・青森・横浜・名古屋 本人を説得し治療へ繋げるサポート依存症家族のための相談窓口
  • 一般社団法人セレニティパークジャパン 奈良・名古屋 アルコール・ギャンブルなどの依存症治療施設
  • 一般社団法人セレニティパークジャパン沖縄 アルコール・ギャンブルなどの依存症治療施設
  • ガーデンセブマクタンアイランド 留学型のアルコール・ギャンブル依存症治療施設
  • フラワーガーデン 奈良 女性専用のアルコール・ギャンブルなどの依存症治療施設

top